看護師寮は、メリットもデメリットもありますよ。

大きな病院などには、看護師寮を準備しているところがありますよね。
病院の敷地内にあったり、病院の近場にあったり、タイプもいろいろあります。
昔ながらのタイプの看護師寮は、バスやトイレが共同になってるところが多いんですが、
マンションを借り上げて看護師寮にしているところもありますね。

 

看護師寮の一番のメリットは金銭面ですよね。
自分でマンションやアパートを借りて住むとなると、月に何万円もの家賃を払わなければいけません。
特に都心の場合は大変ですよね。
でも、看護師寮であれば、無料だったり、管理費だけを払えばいいというところだったり、
都内の便利なところで格安に住む事ができます。
お金を貯めたいという方にはお勧めですよね。

 

それに、自宅が職場から遠いという方も、病院近くの看護師寮に住めば通勤時間が短くなるし、
夜勤がある看護師にはとても便利で安全です。
地方出身の方にとっては、とても嬉しいですよね。

 

でも、共同生活のような感じがあってプライバシーがなくなりそう、と思っている方も多いと思います。
そうなんですよね、看護師寮のデメリットは、同じ職場で働いているスタッフが近くに住んでいるので、
何かと気を使ってしまうという点なんです。

 

プライベートな時間でも、職場の人と顔を合わせなければいけないので、特に先輩の場合には、
なかなかリラックスできない時もありますね。
マンション借り上げタイプの看護師寮であれば、それほど気にならないと思いますよ。
でも、トイレやバスが共同の看護師寮の場合は、はっきり言って難しいですね。
ストレスが溜まってしまうかもしれません。

 

看護師寮を利用する場合は、メリットとデメリットを良く頭に入れて、自分にあったところを探す必要がありますね。